クマが示すサイン|まずは医療機関で確認しよう|シミ治療が保険適用になる場合

まずは医療機関で確認しよう|シミ治療が保険適用になる場合

女の人

クマが示すサイン

目

目のクマができる原因は大きく分けて三種類あり、それぞれ理由も対策も異なります。目のクマは茶クマ、青クマ、黒クマに分ける事ができます。茶クマは色素沈着が原因で発生するクマです。目を擦り過ぎたり、強い紫外線を受けたりすると発生します。対処法は美白効果のあるスキンケアです。二番目の青クマは疲労や睡眠不足、ストレスなどが原因で発生します。血行不良を起こした血管が皮膚の上から透ける事で青クマになります。最もポピュラーな目のクマです。マッサージなどで血行を良くしたり、身体のコンディションを整える事で改善します。最後の黒クマは加齢によって皮膚が弛み、影ができる事で発生します。こちらはヒアルロン酸の注入で改善できます。

以上のように目のクマには様々な原因がありますが、普段の生活においては特に注意深く意識するものではありません。しかし、目のクマは病気を知らせる重要なサインになる事もあります。注目すべきは青クマです。青クマは血行不良によってできるものですが、その原因が寝不足ではなく、病気に由来する可能性があるのです。生活習慣を改善してもクマが改善しない場合、隠された病気の可能性がありますので、一度病院で検査した方がいいかもしれません。可能性のある病気は、血液中の鉄分が不足する鉄欠乏症貧血、ホルモン異常が原因のバセドウ病、血液の浄化機能が低下する肝臓疾患などがあります。また目の全体が黒ずんでいる場合は、アトピー性皮膚炎や花粉症皮膚炎の可能性があります。病気原因のクマならば、クマを治すというよりも原因を解消することが大切です。しかし黒クマのように加齢によるクマならば、美容外科の施術でしか改善できない場合が多いです。クマの種類によって、摂るべき対策を理解しておくことが大切だといえるでしょう。